アレルギー診療|茨城県牛久市にある内科・呼吸器・アレルギー科|牛久神谷内科クリニック

〒300-1216 茨城県牛久市神谷6丁目41-27
029-871-8811
WEB予約
ヘッダー画像

アレルギー診療

アレルギー診療|茨城県牛久市にある内科・呼吸器・アレルギー科|牛久神谷内科クリニック

アレルギーとは

人体には体の成分と違うものが体内に入ってくると、これを異物と捉えて取り除こうとする免疫機能があります。アレルギーはこの際に生じる免疫の過剰反応といえます。何がアレルギーの原因になるかは、遺伝的な要素から後天的な要素まで様々で、種類も無数にあります。

アレルギーでよくみられる症状

このような症状の方はご相談ください

気管支喘息

  • 発作的に激しく咳き込んだり息苦しくなったりする
  • 「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」といった呼吸音が聞こえる

花粉症・鼻炎

  • 鼻水やくしゃみ、体のかゆみ、鼻づまり、頭痛などがある
  • 目のかゆみや充血、涙が出る、目がゴロゴロする、目やにがでる

花粉症や喘息でお悩みの方を中心に診療いたしておりますので、お困りの方などお気軽にご相談ください。

当院で対象となる主な疾患

気管支喘息

 喘息は、咳や痰などの症状、ゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音、息苦しさ、呼吸困難を繰り返す病気です。喘息が起きる原因は多岐にわたり、遺伝的な素因と環境要因が混在して発症します。アレルギー反応を起こす原因としては、ダニやハウスダスト、イヌ、ネコなどの動物のフケや毛など様々です。原因がわからない場合や気候の変化、タバコやアルコールによる刺激などでも生じることがあります。
 気管支喘息は気道の炎症性疾患で、自然に、あるいは治療により、元の状態に戻りますが、治療せずに放置すると、繰り返し起きる炎症により、気道の構造が変化し(リモデリング)、元の状態に戻らなくなります。この状態になると、喘息症状がより起こりやすく、重症化しやすくなりますので、適切な診断、治療をうけることが大切です。
 喘息の治療は発作が起きた時に呼吸を楽にする治療と、発作が起きないように慢性気道炎症を改善する治療(長期管理といいます)に分けられます。気管支喘息の慢性炎症に対しては、吸入ステロイド薬と呼ばれる吸入薬を中心とした治療が最も効果があります。吸入薬は様々な種類があり、それぞれ吸入器具を正しく操作する必要があります。
 咳が長く続く、ゼイゼイを繰り返す、運動時にゼイゼイして息切れが認められる場合は、喘息の可能性もありますのでご相談ください。

花粉症(アレルギー性鼻炎・結膜炎)

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどに苦しむ花粉症の方は年々増加しており、日本国民の25%以上が花粉症という統計もあります。
アレルギー性鼻炎・結膜炎は、スギ花粉などによって引き起こされる季節性アレルギー(花粉症)と、ダニやハウスダストなどによって引き起こされる通年性アレルギーに大別されますが、どちらも混在していることもしばしばあります。花粉症は、春はスギ、ヒノキ花粉、夏はイネ科、秋はブタクサなど、季節によってアレルゲンとなる花粉の種類が異なりますが、複数の花粉にアレルギーが認められる方も珍しくありません。
症状は季節性・通年性のいずれも、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、充血などです。治療としては、原因が特定できる場合は、可能な限り原因の回避と除去(こまめな掃除など)を行います。アレルギー性鼻炎の薬物療法は広く行われており、症状や重症度に応じて抗ヒスタミン薬や鼻噴霧用ステロイド薬などを用います。アレルギー性結膜炎では、アレルギー反応を抑える抗アレルギー点眼薬などによって、目のかゆみの症状を改善します。
花粉症の症状にお悩みの場合、早めに受診されることをおすすめします。

※減感作療法(アレルゲン免疫療法)について

減感作療法は、アレルゲンを低濃度から体内に取り込み、徐々に濃度を上げていき、慣れさせることで過敏さを取り除く治療法です。スギ花粉症に対して有効な治療法として注目されています。皮下注射で行う方法が一般的ですが、舌下にアレルゲンをとどめて行う舌下免疫療法も行われています。